キャサリン・ハイグル、時代ロマンスで不老不死の美女に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年5月17日 > キャサリン・ハイグル、時代ロマンスで不老不死の美女に
メニュー

キャサリン・ハイグル、時代ロマンスで不老不死の美女に

2010年5月17日 12:03

真実の恋に出会う不老不死の美女に「グレイズ・アナトミー」

真実の恋に出会う不老不死の美女に
Photo:Retna UK/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャサリン・ハイグルが、20世紀初頭を舞台にした恋愛コスチューム劇「エイジ・オブ・アダリーヌ(Age of Adaline)」で不老不死の美女に扮することになった。

ハイグルといえば、今年初めに降板した大ヒット医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」や、「男と女の不都合な真実」「幸せになるための27のドレス」などのロマンチックコメディのイメージが強く、本作のようなシリアスな時代ものへの出演は珍しい。

同作は、事故に遭遇したことがきっかけで永遠の若さを与えられた女性(ハイグル)が、長きにわたる孤独のはてに、不死の命を捨ててもいいと思える男性に出会うというファンタジックなラブストーリー。ミルズ・グッドローとサル・パスコビッツが脚本を手がけた。現在のところ、監督とハイグルの相手役の俳優は未定だが、今年10月のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi