「のだめ」上野&玉木サイン入り“こたつ”プレゼントにファン騒然

2010年5月4日 11:48

応援ありがとう!
応援ありがとう!

[映画.com ニュース] 上野樹里玉木宏主演の「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の大ヒット御礼舞台挨拶が5月4日、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇1で行なわれた。前作「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」と合わせて観客動員500万人を突破したとあって、上野と玉木をはじめ武内英樹総監督、川村泰祐監督は笑顔を弾けさせた。

「大ヒット感謝祭」と銘打たれたこの日の舞台挨拶では、撮影で実際に使用された小道具(夫婦茶碗、パペット、コタツ)を抽選で3人にプレゼントするというサプライズも。上野と玉木がキスするシーンで使われたコタツが登場すると、場内からは悲鳴が沸き起こった。コタツやぐら一面に2人がサインを書き込むと、当選した女性は「ちょうどコタツがなかったので、郵送してもらおうと思います」と大喜びだ。

まさかのコタツ登場
まさかのコタツ登場

前作は興行収入40億6000万円を記録し、後編も興収23億円を突破。上野は、「私も日劇で見ました。お客さんの反応を見るために来たのに、それどころじゃなくなっちゃいました。お金を払って普通に楽しんじゃった」と明かし、笑いを誘った。一方の玉木も「僕は横浜で見ました。試写室とは雰囲気が違って、映像を楽しめました」と負けていない。

上野は、二ノ宮知子の原作漫画の“番外編”に当たる最新24巻を購入したそうで「お風呂で読んだのですが、内容が充実していました。『あれっ、まだまだ続くんじゃないか?』と思わせるものがありましたよ」と続編製作をアピール。これには武内監督が「いつまでやればいいんだ……」と苦笑いを浮かべ、場内を爆笑の渦に巻き込んでいた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース