サルマ・ハエックの娘、2歳にしてトリリンガル : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月27日 > サルマ・ハエックの娘、2歳にしてトリリンガル
メニュー

サルマ・ハエックの娘、2歳にしてトリリンガル

2010年4月27日 11:29

2歳で語学の達人!「デスペラード」

2歳で語学の達人!
Photo:Fame Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「デスペラード」「フリーダ」で知られるメキシコ出身の女優サルマ・ハエックの娘バレンティナは、2歳半ながらすでに3カ国語を操るトリリンガルだという。

米ピープル誌によれば、ハエックは4月22日、夫でフランス人実業家のフランソワ=アンリ・ピノー氏と、ニューヨークのクリスティーズ社で開催された「アース・デイ」40周年を記念するチャリティイベント「グリーン・オークション」に出席。愛娘についてハエックが「彼女は3カ国語を話すのよ」と語ると、ピノー氏も「英語、スペイン語、フランス語を流ちょうに話す。会話もできるよ」と明かした。ハエックはバレンティナからフランス語を習っているそうだ。

ハエックは、人気コメディアンのアダム・サンドラークリス・ロックと共演した新作「グロウン・アップス(原題)」が、6月25日に全米公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi