アンジェリーナ・ジョリーが「眠れる森の美女」の魔女マレフィセントに興味?

2010年3月30日 11:29

“悪の女王”はハマリ役
“悪の女王”はハマリ役

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが、ディズニーの長編アニメーション映画「眠れる森の美女」(59)に登場する魔女マレフィセントを主人公にした実写映画化プロジェクトに興味を持っているようだ。米ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

新作「マレフィセント」は、オーロラ姫とフィリップ王子の物語を“悪の女王”マレフィセントの視点から描く。ディズニーは先日、「美女と野獣」(91)や「ライオン・キング」(94)、ティム・バートン監督最新作「アリス・イン・ワンダーランド」(4月17日公開)などを手がけてきた脚本家リンダ・ウールバートンを起用したと発表した。

同企画には、バートン監督が関心を持っており、ジョリーも昨春から注目していたそうだが、ふたりとも正式なコメントは発表していない。ジョリーは現在、ジョニー・デップと共演する「ザ・ツーリスト(原題)」を撮影しており、以降の出演作については未定であることから、マレフィセント役を演じる可能性は十分にあると見られている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース