水嶋ヒロ「BECK」原作者&ファンへの「リスペクト忘れていない」

2010年3月30日 15:32

全員集合は昨年の撮影以来
全員集合は昨年の撮影以来

[映画.com ニュース] ハロルド作石の大ヒット音楽漫画を実写映画化する「BECK」の製作報告会見が3月30日、東京・渋谷AXで行われ、主演の水嶋ヒロ佐藤健桐谷健太中村蒼向井理忽那汐里堤幸彦監督が結集した。

原作が累計発行部数1500万部を突破した同作は、水嶋扮するニューヨーク帰りの天才ギタリスト・南竜介を中心にした5人組のバンド「BECK」が、個性的なメンバーの成長とともに、挫折と成功を繰り返しながらひたむきに突き進む姿を描く。

メガホンをとった堤監督は、「僕は今54歳ですが、中学生のころからロック漬けだった。色々な仕事を経て、こうやってロックがテーマの作品を撮れて奇跡です」と感無量の面持ち。そして、「この映画の一番の見どころは、世代を超えてロックを楽しんでもらえること。ロックに10代も20代もない。撮り終えてまだ試行錯誤しているが、公開日には完璧なものをお見せします」と決意をのぞかせた。

画像2

天才的なギタリスト・竜介に扮した水嶋は、「かなりプレッシャーがあった。練習期間があまりなかったのですが、家で睡眠時間を削りながら取り組んだ。それくらいやらないと竜介にはなれないと思いましたから」と真摯(しんし)な姿勢をのぞかせた。これには堤監督が「完璧でした」と即答。また、桐谷は「生きているだけで奇跡なのに、このメンバーと一緒に『BECK』撮れたことは奇跡ですよ。それに、この場で(カメラマンの)フラッシュを浴びていることも奇跡ですから」と語った。

また、ライブシーンなどを振り返った水嶋は、「僕らの思い、どういう姿勢で臨んだかを作品で見ていただきたい。原作者のハロルド作石さんに対するリスペクトを忘れず、原作ファンのことを常に思いながら取り組みました」と頭を下げた。この挨拶を聞いた堤監督は、再び「完璧です。何でこんなに挨拶が上手なんだろう」と絶賛していた。

BECK」は松竹配給で、9月4日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース