タイガー・ウッズ&石川遼出場のマスターズを3D放送

2010年3月18日 12:14

世が世なら謝罪会見も3D放送だった?
世が世なら謝罪会見も3D放送だった?

[映画.com ニュース] タイガー・ウッズが復帰出場を表明したことでも話題を呼んでいる、ゴルフの4大トーナメントのひとつ「マスターズ」を、米ケーブルテレビ最大手のコムキャストが3D放送する。

コムキャストは4月8~11日、米ジョージア州オーガスタで開催される同トーナメント(日本からは石川遼、片山晋呉、池田勇太の3選手が出場予定)の模様を、専用チャンネルとMasters.comの両方で3D放送する。3D対応のテレビかコンピューターがあれば、ウッズや石川のプレーが立体的に楽しめることになる。

メジャースポーツの放送としては初めての試みで、「アバター」などのヒットで急速に普及する3Dの波が、テレビ業界にも押し寄せていることの現れといえる。すでにパナソニックは今月10日、アメリカで3Dテレビの販売を開始(50型のプラズマテレビが約25万円、3Dメガネが1万5000円、テレビ・3Dメガネ・ブルーレイ再生機のセットが約29万円)。サムスン、LG、ソニーなど各社も数カ月以内の発売を予定している。

また、世界中のテレビ業界がスポーツの3D放送に意欲的に乗り出しており、ヨーロッパとアメリカでは今年6月に開催されるサッカーワールドカップの南アフリカ大会で、大規模な3D実験放送が予定されている。さらに、アメリカではバスケットボール(NBAやNCAA)、ドイツではサッカー(ブンデスリーガ)、イギリスではラグビー(6カ国対抗)の試合中継で3D放送が実施されている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース