年下恋人と堂々キスのマドンナ 英国王室の「王冠を賭けた恋」を映画化

2010年2月15日 17:39

彼を追いかけリオまでひとっ飛び
彼を追いかけリオまでひとっ飛び

[映画.com ニュース] 先日伝えられた破局報道を一蹴するかのように、マドンナ(51)がブラジル人モデルのジーザス・ラズ(23)と2月11日、リオデジャネイロのクラブを訪れ熱烈キスを披露した。年下恋人にどっぷりハマっている様子のマドンナは、08年の「ワンダーラスト」に続いて、2度目のメガホンをとることが決定。英国王室を揺るがしたエドワード8世とウォリス・シンプソンの「王冠を賭けた恋」を題材にした映画を手がけるという。

英エンパイア誌によると、「W.E.」と題された同作で、マドンナは監督と脚本(「イン・ベッド・ウィズ・マドンナ」のアレック・ケシシアンとの共同名義)を担当する。シンプソン夫人役で、「マイレージ、マイライフ」で今年のアカデミー助演女優賞にノミネートされたベラ・ファーミガが出演交渉中とのこと。エドワード8世役については現在キャスティング中だ。

英国王エドワード8世は1936年、離婚歴のあるアメリカ人の人妻ウォリス・シンプソンと結婚するために在位1年に満たないまま退位。2人の物語は「王冠を賭けた恋」「世紀の恋」として知られるようになった。退位後はウィンザー公とその夫人として暮らし、公は1972年に77歳で、ウォリスは1986年に89歳で死去した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース