「アバター」、インドでも大ヒット!ハリウッド映画の新記録を樹立

2009年12月22日 16:58

日本はどうなる?いよいよ23日公開
日本はどうなる?いよいよ23日公開

[映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロン監督のSF超大作「アバター」が、映画の都ボリウッドを誇るインドで12月18日に公開され、ハリウッド映画のオープニング記録を塗り替えた。

同作は、インドの756館で英語、ヒンディー語、タミル語、テルグ語の各バージョンが上映され、18日から20日までの週末3日間で2億2000万ルピー(471万ドル)の興行収入を記録。これまで歴代1位だった「スパイダーマン3」(2007)の412万ドルを破ってトップに立った。

今年のインドはハリウッド映画の当たり年で、同作のほか「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」「2012」などが地元で人気のボリウッド映画をしのぐ成績を記録している。なかでも「2012」は、前週までに累計興収が9億ルピー(1920万ドル)を超え、ハリウッド映画として史上最高記録を樹立している(それまでの最高は「スパイダーマン3」の1420万ドル)。

また、日本を除く106の国と地域で公開され、全世界のボックスオフィスを席巻している「アバター」だが、21日午前に明らかになった北米オープニング興収の最終数値は、20日時点の推定値だった7300万ドルを大きく上回る7700万ドル。北米以外では1億6550万ドルを記録しているため、全世界で実に2億4250万ドルを稼ぎ出したことになる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース