東宝2010年も「踊る大捜査線」「座頭市」など磐石の布陣

2009年12月16日 16:04

「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」
「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」

[映画.com ニュース] 邦画配給大手の東宝が12月16日、東京・有楽町の同社で、2010年に配給する作品のラインナップを発表。実写映画18本、アニメ10本の計28本で構成され、7年ぶりに映画化される大ヒットシリーズ「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」、阪本順治監督&香取慎吾主演の「座頭市 THE LAST」、スタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」、木村拓哉主演の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」など磐石の布陣を敷いた。

織田裕二主演の「踊る大捜査線」は、前2作「踊る大捜査線 THE MOVIE」(興行収入101億円、観客動員700万人)、「踊る大捜査線 THE MOVIE 2/レインボーブリッジを封鎖せよ!」(興収173億5000万円、動員1250万人)に続くシリーズ第3作。今回も興収100億円を突破するかに注目が集まる。公開は7月3日。

「ノルウェイの森」
「ノルウェイの森」

香取主演で“最後の座頭市”として映画化する「座頭市 THE LAST」は、5月29日公開に決定した。三池崇史監督、役所広司主演の「十三人の刺客」は、山田孝之伊勢谷友介沢村一樹らで臨む本格時代劇。前作「LIMIT OF LOVE 海猿」が興収71億円をたたき出した人気シリーズ最新作「海猿3」は、9月18日公開で勝負をかける。

12月には「ノルウェイの森」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」という大作2本が待機。村上春樹の代表作で累計発行部数1000万部を突破した「ノルウェイの森」は、松山ケンイチ菊地凛子という演技に定評のある人気若手俳優がトラン・アン・ユン監督のもとに結集。木村拓哉主演の「ヤマト」には、黒木メイサ柳葉敏郎西田敏行堤真一ら主演級がずらり投入された話題作だ。

「海猿3」
「海猿3」

アニメでは、宮崎駿監督が企画に参加して米林宏昌の初メガホンを支える「借りぐらしのアリエッティ」が注目の的。「映画ドラえもん/のび太の人魚大海戦」は、同シリーズの映画30周年記念作品でオリジナルストーリーが書き下ろされる。原恵一監督の最新作は、直木賞作家・森絵都のベストセラー小説をアニメ映画化する「カラフル」。また、「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール/幻影の覇者Z」「劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝2010(仮)」など人気作のほか、「チェブラーシカ」「くまのがっこう~ジャッキーとケイティ~」は2本立てで公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    1

    「女は女である」「気狂いピエロ」女優アンナ・カリーナさん死去 79歳

    2019年12月15日 18:23
  2. 「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2

    「スター・ウォーズ」が彩る丸の内クリスマス SW愛あふれるフォトスポット&カフェで40年の歴史に思いを馳せてみた

    2019年12月15日 10:00
  3. 野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    3

    野沢雅子のラジオ番組に田中真弓がゲスト出演 仕事の哲学や「ドラゴンボール」共演秘話を語る

    2019年12月15日 08:00
  4. 【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    4

    【国立映画アーカイブコラム】国内唯一の「映画専門」図書室はどのように成長したか?

    2019年12月15日 12:00
  5. 【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    5

    【中国映画コラム】報酬はゼロ、原動力は愛――“字幕組”が違法行為を止められない理由

    2019年12月15日 11:00

今週