ミシェル・ウィリアムズがスカヨハの代わりにモンロー役を獲得 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月7日 > ミシェル・ウィリアムズがスカヨハの代わりにモンロー役を獲得
メニュー

ミシェル・ウィリアムズがスカヨハの代わりにモンロー役を獲得

2009年12月7日 11:27

名より実をとったキャスティング?「王子と踊子」

名より実をとったキャスティング?
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優ミシェル・ウィリアムズが、1950年代のセックスシンボルだったマリリン・モンローを演じることになった。業界誌プロダクション・ウィークリーが伝えるところによると、スカーレット・ヨハンソンが演じると見られていた伝記映画「My Week with Marilyn(マリリンと私の一週間)」の伝説的女優モンロー役は、ウィリアムズに交代した模様だ。

同作は、ダニエル・ラドクリフのデビュー作となったTV映画「デビッド・コパーフィールド」(99)を手がけたサイモン・カーティス監督の新作。原作は名優ローレンス・オリビエの使用人だったコリン・クラーク(故人)が書き上げた同タイトルの実録日記。57年の宮廷コメディ「王子と踊子」でオリビエと共演するためにロンドンに滞在することになったモンローの1週間を、使用人の目線から見たドラマとして描き、脚本を「愛しすぎて/詩人の妻」「デビッド・コパーフィールド」のエイドリアン・ホッジスが担当している。

交代劇の真相は詳しく伝えられていないが、ウィリアムズは当初よりヨハンソン、ケイト・ハドソンエイミー・アダムスらとともに同作のモンロー役候補者だった。

ウィリアムズは、マーティン・スコセッシ監督のスリラー「シャッター・アイランド」(10年4月公開)でレオナルド・ディカプリオらと共演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi