R・ゼメキス監督、「アカデミーはパフォーマンス・キャプチャー部門新設を」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年11月27日 > R・ゼメキス監督、「アカデミーはパフォーマンス・キャプチャー部門新設を」
メニュー

R・ゼメキス監督、「アカデミーはパフォーマンス・キャプチャー部門新設を」

2009年11月27日 19:36

オスカーに部門新設を要望「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

オスカーに部門新設を要望
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロバート・ゼメキス監督といえば、かつては「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの名前が真っ先に挙がっただろうが、最近ではすっかり最新の「パフォーマンス・キャプチャー」技術のパイオニア・伝道者的存在となったようだ。

俳優の演技をデジタル化して取り込むパフォーマンス・キャプチャー技術は、ゼメキス監督の最新作「Disney's クリスマス・キャロル」(公開中)のほか、ジェームズ・キャメロン監督の最新作「アバター」でも採用されている。またゼメキス監督は、準備中のビートルズのアニメーション映画「イエロー・サブマリン」のリメイクでも同技術を駆使することを明言している。

そんななか、南米チリのlatercera誌の取材を受けた同監督が、「アカデミー賞にもパフォーマンス・キャプチャー映画部門を新設すべきだ」と発言したことが明らかになった。「通常のアニメーションや実写の枠ではくくれない新技術には新部門を」ということらしい。

そこでゼメキス監督が引き合いに出したのが、ウォルト・ディズニーが1939年、世界初の長編カラーアニメーション映画「白雪姫」の革新に対してアカデミー名誉賞を受けたという話だが、実際に長編アニメーション賞が独立した部門として設置されたのは、それから62年後の2001年のこと。まだまだ先の長い話かもしれない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi