「アバター」主題歌に、英オーディション番組出身のレオナ・ルイス

2009年11月17日 17:02

オーディション番組出身のレオナが大抜擢
オーディション番組出身のレオナが大抜擢

[映画.com ニュース] 「タイタニック」(97)以来12年ぶりとなるジェームズ・キャメロン監督最新作「アバター」(12月23日公開)のテーマソングを、英シンガーソングライターのレオナ・ルイスが歌うことが明らかになった。

同作のサントラ盤をリリースするアトランティック・レコードが11月16日、収録される全14トラックを発表したもので、そのラストを飾るテーマソングのタイトルは「I See You(Theme from Avatar)」。音楽は、「エイリアン2」「タイタニック」(アカデミー作曲賞受賞)でもキャメロン監督と組んだジェームズ・ホーナーが手がけている。

12年前、セリーヌ・ディオンが歌った「タイタニック」のテーマソング「My Heart Will Go On」は映画同様の大ヒットを記録し、アカデミー賞主題歌賞を受賞。「I See You」も同曲と同じくホーナーとサイモン・フラングレンがプロデュースしており、再び大ヒットが期待される。

ロンドン生まれのルイスは、英オーディション番組「Xファクター」出身の24歳。全世界で大ヒットした07年のデビューアルバム「スピリット」に続くセカンドアルバム「エコー」が11月25日にリリースされる。「アバター」サントラ盤は12月15日リリース予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース