ダニエル・クレイグが、ボンド第23作は来年末に撮影スタートと明言

2009年10月26日 12:11

「ボンド23」が待ち遠しい!
「ボンド23」が待ち遠しい!

[映画.com ニュース] ダニエル・クレイグが、ジェームズ・ボンド映画第23作の製作は2010年末に開始されると明言した。

今もっともホットなブロードウェイの舞台といわれる、シカゴの仲良し刑事2人が同じ女性を愛してしまうというストレートプレイ「A Steady Rain」(12月6日までの限定上演)で、「X-MEN」のウルヴァリンことヒュー・ジャックマンと共演している6代目ボンドのクレイグ。劇場のステージドアでサインを求めるファンに揉みくちゃにされながら、ボンド映画第23作について「われわれは来年の年末に(撮影を)スタートさせる」と、YouTubeにアップされた動画の中でコメント。それが事実とすれば、早くても2011年末の公開となり、ファンは前作「007/慰めの報酬」から3年待つことになりそうだ。

製作スタジオMGMの経営危機により一時は製作も危ぶまれた「007」シリーズの次回作。監督の名前こそまだ発表されていないが、ピーター・モーガン、ニール・バービス、ロバート・ウォードという3人の名ライターが脚本を執筆中で、3年のインターバルながらも順調にプロダクションが動き出しているようだ。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース