ショーン・ペン降板の「カルテル」、代役にジョシュ・ブローリン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月2日 > ショーン・ペン降板の「カルテル」、代役にジョシュ・ブローリン
メニュー

ショーン・ペン降板の「カルテル」、代役にジョシュ・ブローリン

2009年10月2日 17:01

代役探しに頼もしい味方「ノーカントリー」

代役探しに頼もしい味方
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ユニバーサル・ピクチャーズのアクションスリラー「カルテル(Cartel)」に、「ノーカントリー」のジョシュ・ブローリンが主演することになった。

「カルテル」は当初、ショーン・ペンの主演作として進められていたが、6月にペンが家族のためにしばらく休暇を取ることを理由に降板、主役不在となっていた。本作が劇場映画監督デビューとなるアスガー・レス(06年のドキュメンタリー映画「Ghosts of Cite Soleil」で米監督組合賞を受賞)がメガホンを取り、来年1月にメキシコシティでクランクインする。

マフィアと警察との闘いを描いた93年のイタリア映画「La Scorta」(リッキー・トニャッツィ監督)に想を得たという本作は、メキシコの麻薬組織に妻を惨殺された主人公(ブローリン)が、息子を守るために同地に向かうというストーリー。

ちなみにブローリンは、オリバー・ストーン監督の「ウォール街2」にも、「ノーカントリー」の共演者ハビエル・バルデムの代役で参加している。最近、ワーナー・ブラザースがDCコミックを映画化する主演作「ジョナ・ヘックス」の撮影を終えたばかりだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi