エドワード・ノートン、マーベル新作「アベンジャーズ」のハルク役に意欲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月28日 > エドワード・ノートン、マーベル新作「アベンジャーズ」のハルク役に意欲
メニュー

エドワード・ノートン、マーベル新作「アベンジャーズ」のハルク役に意欲

2009年9月28日 17:47

意外に前向きの様子「アベンジャーズ」

意外に前向きの様子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 08年の「インクレディブル・ハルク」(ルイ・レテリエ監督)で緑の超人ハルクに扮したエドワード・ノートンが、マーベル・コミックのヒーローが集結する映画「アベンジャーズ」にハルクとして出演したい意向があることを明らかにした。

2012年の公開が予定される「アベンジャーズ」では、アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカという、マーベルのビッグ3と呼ばれるスーパーヒーローたちが競演することになっており、すでにアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.の出演は決定している。

一説によると、「インクレディブル・ハルク」の出来に満足していないと言われるノートンが、再びハルクを演じる可能性は疑問視されてきた。しかし、このほど米MTVのインタビューに答えたノートンは、「アベンジャーズ」に出演するつもりはあるのかという質問に対して、「もちろん。マーベル・ユニバースの面白いところは、すべてが相互に関わり合う点にあるからね」と明言。

さらにノートンの口からは、「コミックのなかでは、ハルクとほかのスーパーヒーローたちの間には常にある種の緊張がある。ハルクは扱いにくい問題児なんだ。だから、(『アベンジャーズ』では)ハルクを悪役にしたら面白いと思うよ」と、斬新な提案も飛び出した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報