サンドウィッチマン、2冠に息巻く!「キングオブコント09」決勝進出8組決定

2010年7月1日 17:13

今年の王者は誰に?
今年の王者は誰に?

[映画.com ニュース] コントの日本一決定戦「オロナミンC キングオブコント2009」の決勝に進出するファイナリストに決定したお笑いコンビ8組が9月1日、東京・赤坂サカスで記者会見し、意気込みなどを語った。中でも、07年「M-1グランプリ」を制覇し、漫才日本一の称号を得ているサンドウィッチマンは、「キングオブコント」初出場で決勝進出を果たし、「獲れるものは全部獲りたい」と2冠達成に息巻いた。

「キングオブコント」は、プロ・アマの区別やコンビ結成年数を問わず “真のコント王”を決めるコントの祭典。第1回となった昨年は、バッファロー吾郎が初代王者に輝いている。今年は2584組がエントリー。東京、大阪で行われた準決勝の結果、東京03、ジャルジャル、モンスターエンジン、ロッチ、天竺鼠、しずる、サンドウィッチマン、インパルス(決勝1回目ネタ順)の8組がファイナリストに決まった。

史上初のお笑い2冠を目指すサンドウィッチマンだが、伊達みきおは「(決勝メンバーは)良いメンツだね~」とどこか他人事。富澤たけしも「M-1でやった2本の(漫才)ネタがどこまで通用するかやってみたい」とのらりくらり。それでも、同期のインパルスをライバル一番手に挙げ、快挙達成に意気込んだ。

昨年のM-1グランプリで決勝に進出したモンスターエンジンも、漫才を一時封印しコントで頂点に挑む。優勝したら賞金1000万円はどう使う?という質問に、モンスターエンジンの西森洋一が「不景気で実家の鉄工所の仕事がない。潰れないように運転資金にまわす」と答えると、唯一2年連続の決勝進出を決めた天竺鼠の川原克己も「じゃあ自分の賞金も西森さんちの工場に寄付する」と続き笑わせた。

今年は決勝の審査方法が一部変更に。各組2回のネタ披露を、準決勝で敗退した50組100名が審査して、その合計得点で第2回王者を決める。

この決勝戦の模様は、TBS系で9月22日の夜7時55分より3時間の生放送。司会は昨年に続きダウンタウンが務める。(映画.com×文化通信.com)

(映画.com×文化通信)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース