EXILEのAKIRA、主演作初日&誕生日のW喜び!「ちゃんと伝える」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月24日 > EXILEのAKIRA、主演作初日&誕生日のW喜び!「ちゃんと伝える」初日
メニュー

EXILEのAKIRA、主演作初日&誕生日のW喜び!「ちゃんと伝える」初日

2009年8月24日 12:00

奥田“監督”もAKIRAをベタ褒め!「ちゃんと伝える」

奥田“監督”もAKIRAをベタ褒め!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ボーカル&ダンスユニットEXILEのAKIRAが、8月22日、東京・有楽町のシネカノン有楽町1丁目にて初の主演作「ちゃんと伝える」の初日舞台挨拶に登場。監督の園子温や、両親役の奥田瑛二高橋恵子も駆けつけた。

本作は、ガンで余命わずかとなった父親(奥田)と向き合う決意をした主人公の青年、北史郎(AKIRA)が、自らもガンを宣告され、苦闘する姿を描いたヒューマンドラマ。トレードマークである長髪とヒゲを切り、初の主演を務めあげたAKIRAは「葛藤の中で北史郎という男が生きた姿をどう伝えられるか、僕自身も葛藤しました。魂こもってます!」と、堂々のアピールをした。

一方、父親役の奥田は会場を埋め尽くしたEXILEファンに向け、この夏に開催されたEXILEの国立代々木体育館ライブに行ったか問いかけ、「あれとは全然違うぞ!」と、本作でのAKIRAがあくまで俳優としての顔を披露していると強調。「(ライブで)あれだけのエンターテインメントを体験し、この映画で日本映画界に貴重な俳優がひとり生まれた瞬間を目撃できる。みなさんは本当に幸せ。『山形なんとか』(AKIRAの出演作『山形スクリーム』)よりもこっちがいい」と大絶賛。

さらに、母親役の高橋恵子からも「共演させていただいて、とってもお上手なんでビックリしました」と褒めちぎられると、園監督からも「ここ最近の新人俳優の中では、ハンパなくやる気満々で力強い根性入った役者だ」と今後の俳優業にも期待を寄せる言葉が飛び出した。

なお、翌23日は、AKIRAが28歳の誕生日のため、ステージ上ではサプライズ演出でバースデイケーキが持ち込まれ、1日早い誕生日を祝った。

園監督の、今年公開された4時間の超大作「愛のむきだし」は、今年のベルリン国際映画祭でカリガリ賞&国際批評家連盟賞をW受賞しているが、本作もまた、今年のモントリオール世界映画祭(8月27日~9月7日)の「Focus on World Cinema」部門(コンペティション部門に次ぐ部門)への出品が決まっている。

ちなみに、今年の同映画祭コンペ部門では、本作の出演者であり、06年の監督作「長い散歩」でグランプリを含む3冠を受賞した奥田瑛二が審査員を務めることになっている。俳優AKIRAが世界の批評家からどのような評価を受けるのか、楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi