51歳のシャロン・ストーンが、仏誌でトップレスヌードを披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年8月7日 > 51歳のシャロン・ストーンが、仏誌でトップレスヌードを披露
メニュー

51歳のシャロン・ストーンが、仏誌でトップレスヌードを披露

2009年8月7日 12:00

「氷の微笑」の頃とスタイルは変わらず「氷の微笑」

「氷の微笑」の頃とスタイルは変わらず
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優シャロン・ストーンが、フランスの著名な雑誌パリマッチの表紙でトップレスヌードになった。

もっとも、彼女が肌を大胆露出したのはこれが初めてではなく、92年の「氷の微笑」での刺激的なシーンのほか、さまざまなレッドカーペットイベントにシースルーの衣装で登場し注目を集めてきた。

「私は、もし演じるキャラクターにとって妥当で、作品のテイストに合っているなら、ヌードになることは大した問題じゃないと思っている人間なの」と語るストーン。アリクス・マルカという写真家による今回の写真でも、革製の黒いコルセット、グローブ、編み上げのブーツというきわどい姿で3パターンのセクシーポーズを取っており、表紙の写真でも51歳とは思えない美しいヌードを披露している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi