スティーブン・キングの長編小説「セル」がTVシリーズ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年7月15日 > スティーブン・キングの長編小説「セル」がTVシリーズ化
メニュー

スティーブン・キングの長編小説「セル」がTVシリーズ化

2009年7月15日 12:00

[映画.com ニュース] 「キャリー」「シャイニング」「デッド・ゾーン」「ショーシャンクの空に」「ミザリー」の原作者として知られるモダンホラーの帝王、スティーブン・キング。キングが06年に発表したホラー小説「セル」は、イーライ・ロス監督によって脚色され、映画化される運びになっていたが、ロス監督がプロジェクトから後退。米Fangoriaによると、ミニTVシリーズとして生まれ変わるのだという。

そのTVシリーズの監督を務めるのは、ジョン・ハリソンというクライブ・バーガーのTVドラマ版「Book of Blood」を手がけたTV演出家で、ハリソンがキングの小説を原作として4時間の台本を書き、ミニシリーズ化する。

ストーリーは、携帯電話の「パルス」により、それを使用していた人物が一斉に血に飢えた怪物になるという話だ。

数々の名作の元になったキングの小説が、どんな映像になるのか楽しみだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi