キャサリン・ハイグルがワーナー・ブラザースの新作ロマコメに主演

2009年6月26日 12:00

ロマコメの女王になりつつあるハイグル
ロマコメの女王になりつつあるハイグル

[映画.com ニュース] 女優キャサリン・ハイグルが、ワーナー・ブラザースの新作「Life as We Know It」に主演することが分かった。米バラエティ誌が伝えたもので、TVシリーズ「ドーソンズ・クリーク」「ブラザーズ&シスターズ」の製作総指揮を務めるグレッグ・バーランティがメガホンを取る。

本作は01年より企画されていたロマンチックコメディで、当初は20世紀フォックスで製作される予定だった。面識のない独身の男女が、互いの親友夫妻が事故で亡くなり遺された娘の養育者として指名されたことから、これまでの生活が一変するというストーリー。相手役となる男性キャストはまだ明らかになっていない。ハイグルは母親とともに本作のプロデューサーも務める。

ハイグルは先日、自身の出世作であるTVシリーズ「グレイズ・アナトミー」のシーズン6に続投することが発表された。最新主演映画は、ジェラルド・バトラーと共演のロマンチックコメディ「男と女の不都合な真実」で、8月日本公開の予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース