「レッドクリフ Part II」プレミアで、道頓堀に矢だらけの船が登場

2009年4月3日 12:00

カーネルおじさんもびっくり
カーネルおじさんもびっくり

[映画.com ニュース] 昨年11月に公開され、興行収入50億円を突破する大ヒットを記録した「レッドクリフ Part I」の続編「レッドクリフ Part II/未来への最終決戦」(4月10日公開)のジャパンプレミアが、4月2日、大阪で行われ、来日したジョン・ウー監督以下、トニー・レオン金城武チャン・チェンリン・チーリンが劇中のシーンを模した船で道頓堀に登場。川べりに集まった観客の歓声に応えた。

「三国志演義」最大の合戦といわれる“赤壁の戦い”を描く2部作の完結編となる本作。劇中では、孔明が10万本の矢を集めるために、船で敵陣に向かうシーンがあるが、今回のイベントではそのシーンを模し、一般から募った希望が書かれた矢1000本が刺さった船で道頓堀に姿を現し、大阪市民の度肝を抜いた。道頓堀でこうした商業PRイベントが行われるのは、史上初だという。

チーリンに大阪弁仕込んだの誰やねん?
チーリンに大阪弁仕込んだの誰やねん?

ジョン・ウー監督は、「大阪の情熱に感謝します。映画は『Part I』を超えるスケールで、満足していただける作品になっています」と挨拶。主演のレオンは今回のイベントに「とても良かった。大阪には7~8年前に来たことがあるのですが、もっとこのような機会があれば」とご満悦で、自身が演じた周瑜については、「いつもは感傷的で優しい役を演じることが多いので、しっかりとした男らしさを出せるように演じました」とコメント。孔明役の金城も、道頓堀のイベントには「感動しました」と語り、役柄については「皆さんよりアクションもないし、撮影は真夏でみんな衣装が重くて大変そうでしたが、僕だけ軽装で団扇も持っていたので涼しかったです(笑)」と語った。

また、ヒロイン役のチーリンは、「まいど、チーリンです。おおきに。今日はカーネルおじさんに会いに来ました」と大阪を意識した挨拶で沸かせた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース