宮崎あおい、夫の不倫にも余裕?「少年メリケンサック」イベント

2009年2月12日 12:00

ダンナの不倫、許しちゃダメよ!
ダンナの不倫、許しちゃダメよ!

[映画.com ニュース] 昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」で国民的人気女優となった宮崎あおい主演最新作「少年メリケンサック」。バレンタインデイの2月14日の公開を前に、前売り券が爆発的に売れているという本作の公開直前ライブイベント「栗田かんなのバレンタイン・ナイト」が2月10日、東京・赤坂の赤坂BLITZにて行われ、レコード会社勤務のダメOL役“栗田かんな”を演じた宮崎あおい、監督・脚本を務めた宮藤官九郎、共演の三宅弘城がマスコミの取材に応じた。

同作は、レコード会社のOLかんな(宮崎)が25年前のライブ映像を見て、勘違いして中年パンクバンド“少年メリケンサック”のメンバー4人(佐藤浩市木村祐一田口トモロヲ三宅弘城)と契約。5人で全国ツアーを回る珍道中を描いたロードムービー。

パンク風な衣装で登場した主演の宮崎は、本作と撮影時期が重なった大河ドラマ「篤姫」との両立や、日本全国を行脚したPRキャンペーンを振り返り、「本当に楽しくて、大変なことは一つもなかった」と笑顔で語った。また、イベントタイトルに「バレンタイン・ナイト」とあるが、まだ宮崎からチョコをもらっていないという宮藤監督が「(初日舞台挨拶がある)14日にはもらえると思うけど、14日ももらえなかったら悲しいです」とボヤいて笑いを誘う一幕も。当の宮崎は「お楽しみにということで」と意味深な発言にとどまった。

また、同日は一部メディアで宮崎の夫・高岡蒼甫の不倫報道が伝えられたが、記事について聞かれた宮崎は「大丈夫です。ちゃんと仲良くやってます。載ることは知ってました」と、篤姫ばりの余裕の表情で、夫婦円満ぶりをアピールした。

一方、宮崎ら3人の開会宣言で幕を開けたライブでは、JAPAN-狂撃-SPECIAL、ZAZEN BOYS、SAKEROCK、銀杏BOYZという本作に関わりのあるアーティストらが熱いライブを繰り広げ、さらに宮藤監督と三宅によるヒップホップ・ユニット“ライムサワー”が爆笑パフォーマンスを披露するなど、大盛り上がりの夜となった。「少年メリケンサック」は2月14日より公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース