キアヌ・リーブスが、日本アニメ「カウボーイビバップ」主演を断言!

2008年12月19日 12:00

「地球が…」よりSF度アップ?
「地球が…」よりSF度アップ?

[映画.com ニュース] 菅野よう子によるテーマ音楽「Tank!」でも有名なサンライズ制作のアニメ「カウボーイビバップ」(98~99年放送)。本作をハリウッドの20世紀フォックス映画が、「アイ・アム・レジェンド」「スキャナー・ダークリー」の製作者アーウィン・ストフのプロデュースにより実写映画化すると今年7月に伝えられたが、主人公スパイク・スピーゲル(声・山寺宏一)役の噂があったキアヌ・リーブスがこのほど、米MTV映画ブログに主演することを認めた。

「カウボーイビバップ」と言えば、2071年を舞台に、宇宙船“ビバップ号”に乗った賞金稼ぎのスパイク・スピーゲルやジェット・ブラックらの活躍を描き、アニメ「ルパン三世」と松田優作主演のドラマ「探偵物語」を足して2で割ったようなハードボイルドSFアニメ。00年の日本SF大賞で星雲賞(メディア部門)を受賞するなど、SFファンにも高い人気を誇る作品だ。

キアヌの言葉によれば、実写映画版は第1話「アステロイド・ブルース(Asteroid Blues)」を膨らませた2時間の映画になるという。「地球が静止する日」に続き、ストフと組むキアヌは「僕たちは映画化権を得て、脚本家も得た。一緒にシーンのアウトラインを作っているよ」と明かした。

オリジナル版の渡辺信一郎(演出)と信本敬子(脚本)の大ファンだというキアヌは、「西部劇風フィルムノワールととらえることもできる、さまざまなスタイルが含まれているところが魅力だ。ある種の古き良き大西部の国境の町を舞台にした、ローテクのSFドラマなんだ」と原作を高く評価。スパイクを演じる彼はまた、同作の世界観が楽しみでならないとも語っている。「あれを創り上げるのはプロダクションデザイナーの夢だね。もちろん素晴らしい人材が必要だ」

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース