フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」をバズ・ラーマン監督が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月19日 > フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」をバズ・ラーマン監督が映画化
メニュー

フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」をバズ・ラーマン監督が映画化

2008年12月19日 12:00

ラーマン監督最新作「オーストラリア」「オーストラリア」

ラーマン監督最新作「オーストラリア」
(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「オーストラリア」(09年2月28日公開)のバズ・ラーマン監督が、スコット・フィッツジェラルドの代表作「グレート・ギャツビー」の映画化権を獲得したことが分かった。米ハリウッド・レポーター誌などが報じたもの。

1920年代のニューヨーク、ロングアイランドを舞台に、東部の令嬢デイジーに恋をした成り上がり者ギャツビーの破滅へと向かう人生を描いた「グレート・ギャツビー」は、アメリカ文学史上最も有名な作品の一つ。

これまでにも何度か映画化されているが、ロバート・レッドフォードミア・ファローが主演した74年の「華麗なるギャツビー」(ジャック・クレイトン監督/フランシス・フォード・コッポラ脚本)が有名だ。

オーストラリア人のラーマン監督がこの作品を映画化することに眉をひそめる米映画関係者もいるようだが、同監督は「金融危機を迎えた今こそ、大恐慌直前の、アメリカ人が“富に酔っていた時代”を舞台にしたこの物語を映画化し、人々に突きつけることに意味がある」と語り、なるべく早く製作に着手したいという希望を明らかにした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi