「プリズン・ブレイク」のイケメン俳優ウェントワース・ミラーが初来日! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月12日 > 「プリズン・ブレイク」のイケメン俳優ウェントワース・ミラーが初来日!
メニュー

「プリズン・ブレイク」のイケメン俳優ウェントワース・ミラーが初来日!

2008年12月12日 12:00

生ウェントワース君に会いたい!

生ウェントワース君に会いたい!
Photo:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「24」と双璧をなす米FOXの超人気TVシリーズ「プリズン・ブレイク」に主演するイケメン俳優、ウェントワース・ミラーが今月中旬に初来日することが分かった。17日に開かれる記者会見に登場する。

頭脳明晰な弟マイケル・スコフィールド(ミラー)と兄リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)の脱獄劇を描いた本作は、クセのある多彩なキャラクターや手に汗握るスピーディな展開で多くのファンを獲得し、日本でも昨年のDVDレンタル第1位を記録している。特に主演のミラーは、その端正な顔立ちから“監獄王子”と呼ばれるほど女性ファンからの熱狂的な支持を集めており、来日が切望されていたが、このほどようやく実現することになった。

ミラーは今回、オフを利用しての来日とのことだが、日本滞在中は60を超えるメディアから取材を受ける予定という。現在、アメリカで放送中のシーズン4は、日本では09年初夏にリリースされる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報