「Lの世界」の米TV局が“カミングアウト”をテーマにリアリティ番組製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月12日 > 「Lの世界」の米TV局が“カミングアウト”をテーマにリアリティ番組製作
メニュー

「Lの世界」の米TV局が“カミングアウト”をテーマにリアリティ番組製作

2008年12月12日 12:00

ゲイにスポットを当てた番組作りが好評

ゲイにスポットを当てた番組作りが好評
(C)2008 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.
All Rights Reserved. Distributed by Twentieth
Century Fox Home Entertainment
[拡大画像]

[映画.com ニュース] レズビアンの日常をリアルに描いたTVシリーズ「Lの世界」を大ヒットさせた米CATV局のSHOWTIMEは、ジョナサン・リース・マイヤーズがヘンリー8世に扮するセクシーな歴史劇「ザ・チューダーズ」や、ゲイのスーパーヒーローものや娼婦のドラマを企画するなど、性的タブーに果敢に挑んだ番組作りに定評のあるTV局。

そんなSHOWTIMEが、今度は同性愛者の“カミングアウト”をテーマにしたリアリティ番組の製作を発表した。

「Way Out」と題されたこの企画は、自身のセクシャリティを公表する前の人々が主役。クローゼットに入ったままの状態から、彼らが家族や友人にカミングアウトする瞬間、そしてその後人間関係がどう変化していくかまで密着する内容になるという。

別のCATV局A&Eで、依存症をテーマにしたリアリティ番組「Intervention」を企画して高い評価を得たブリン・フリードマンがプロデュースする。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報