ビヨンセが名作「スタア誕生」リメイク版に主演? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月12日 > ビヨンセが名作「スタア誕生」リメイク版に主演?
メニュー

ビヨンセが名作「スタア誕生」リメイク版に主演?

2008年12月12日 12:00

シンガー役が続くビヨンセ「ドリームガールズ」

シンガー役が続くビヨンセ
Photo:Splash/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ドリームガールズ」「キャデラック・レコード」と音楽映画への出演が続いている歌姫ビヨンセが、今度は名作「スタア誕生」のリメイク版に主演することになりそうだ。米ゴシップサイトJust Jaredなどが報じたもの。

「スタア誕生」は、37年にジャネット・ゲイナー、54年にジュディ・ガーランド、76年にバーバラ・ストライサンドをそれぞれ主演に迎えて過去に3回製作されており、今回が4度目のリメイクとなる。76年のストライサンド版をプロデュースしたジョン・ピーターズ(「レインマン」)が再び製作を手がける模様。

「スタア誕生」は、大スターに見いだされて彼と結婚する女性歌手が主人公の物語。女が成功するにしたがって男のほうが落ちぶれていくという基本構造は同じだが、最初の2作は男が映画スターという設定で、3作目ではそれがロックスターに変更されている(クリス・クリストファーソンが演じた。邦題も3作目だけ「スター誕生」と表記)。

ビヨンセ版もやはり相手はロックスターになるようだが、大先輩のガーランドやストライサンドに負けない歌声を聞かせてほしいものだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報