ミック・ジャガーの息子が映画デビュー。作曲家ビバルディの弟子役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年12月1日 > ミック・ジャガーの息子が映画デビュー。作曲家ビバルディの弟子役
メニュー

ミック・ジャガーの息子が映画デビュー。作曲家ビバルディの弟子役

2008年12月1日 12:00

[映画.com ニュース] ローリング・ストーンズのミック・ジャガーの息子、ジェームズ・ジャガー(23)が、協奏曲「四季」で知られるバロック期の作曲家アントニオ・ビバルディの伝記映画「Vivaldi-The Red Priest」に出演、映画デビューを果たすことになった。英テレグラフ紙などが報じたもの。

ジェームズは、ビバルディの弟子だったアレッサンドロ・グリマーニを演じる。同作は09年公開予定。

ミックと元妻でモデルのジェリー・ホールの間に生まれたジェームズは、ケンブリッジ大学で演技を短期間学んだあと、ニコール・キッドマンジョージ・クルーニーを教えたことで知られる演技コーチのスーザン・バトソンに師事。俳優としては昨年、ロンドンの舞台「Lone Star」に出演して高く評価されたという。

とある情報筋が英デイリー・エクスプレス紙に語ったところによると、親の七光りを嫌うジェームズは、「ミック・ジャガーの息子であるということをけっして自分からは口にしないし、それはとてもいい心構えだと思うが、風貌を見れば一目瞭然だからね」とのことで、やはり血は争えないようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi