ビヨンセが出演を熱望!「ワンダーウーマン」にマックG監督説浮上 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月12日 > ビヨンセが出演を熱望!「ワンダーウーマン」にマックG監督説浮上
メニュー

ビヨンセが出演を熱望!「ワンダーウーマン」にマックG監督説浮上

2008年11月12日 12:00

マックG監督ならセクシーアクションもOK!「ワンダーウーマン」

マックG監督ならセクシーアクションもOK!
Photo:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] DCコミック&ワーナー・ブラザースが企画している「ワンダーウーマン」について、先週末に歌手のビヨンセ(ビヨンセ・ノウルズ)が米ロサンゼルス・タイムズ紙に、「ぜひ出演して(星条旗カラーの)コスチュームを着たい」と公言した。一方でミーガン・フォックスのファンが、ミーガンにワンダーウーマンのコスチュームを着せたセクシーな合成写真を掲載したファンサイトを立ち上げるなど、同作のキャスティングに注目が集まっている。

米映画情報サイトIESBは早速、カリフォルニア州バーバンクのワーナー・スタジオの関係者からの情報として、DCコミックとワーナー・ブラザースが同作の監督候補筆頭に、「チャーリーズ・エンジェル」で有名なマックGを挙げたと報じた。

マックG監督といえば、同じDCコミックを原作とする「スーパーマン」シリーズをかつて企画開発段階まで手がけたことがある人物。また、同じくワーナーが配給する、クリスチャン・ベール主演の「ターミネーター4」(09年5月22日全米公開、6月日本公開)の監督で、ワーナー上層部とは昵懇の仲でもある。ましてや、「チャーリーズ・エンジェル」(00)、「チャーリーズ・エンジェル/フル・スロットル」(03)という2作品で、女性が主人公のアクション映画をセクシーに描くことに成功しており、同作の監督ならまさに適任だ。

IESBは、ワーナーから近日中にも、「ワンダーウーマン」に関する何らかのニュースが発表されると結んでいるが、ビヨンセのキャスティングともども結果が楽しみになってきた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi