S・ソダーバーグ監督が「チェ」の脚本家と、ギャング映画を製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月6日 > S・ソダーバーグ監督が「チェ」の脚本家と、ギャング映画を製作
メニュー

S・ソダーバーグ監督が「チェ」の脚本家と、ギャング映画を製作

2008年11月6日 12:00

[映画.com ニュース] 革命家エルネスト・チェ・ゲバラの後半生を描いた2部作「チェ/28歳の革命」「チェ/39歳 別れの手紙」(09年新春2本連続公開)を手がけたスティーブン・ソダーバーグ監督と脚本家ピーター・バックマンが再びタッグを組み、パラマウント・ピクチャーズのギャング映画「メイキング・ジャック・ファルコーネ(Making Jack Falcone)」に挑むことになった。

同作は、ジャック・ファルコーネと偽名を名乗り、マフィアのガンビーノ・ファミリーに潜入したキューバ系アメリカ人のFBI捜査官ホアキン・ジャック・ガルシアの苦悩を描くという実話で、先月全米で出版された同名小説が原作だ。物語的には、ポール・アタナシオが脚本を執筆したFBIの潜入捜査官の物語である、ジョニー・デップアル・パチーノ主演作「フェイク」と実に似ているストーリーであるようだ。

米ハリウッド・レポーター誌によると、バックマンが脚本を執筆し、ソダーバーグが製作総指揮を務める。完成する初稿をもとに、ソダーバーグがキャスト陣を含め、プロジェクトを推し進めていくことになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi