「スパイダーマン4」に、ピュリッツァー賞作家が脚本参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年11月4日 > 「スパイダーマン4」に、ピュリッツァー賞作家が脚本参加
メニュー

「スパイダーマン4」に、ピュリッツァー賞作家が脚本参加

2008年11月4日 12:00

ピュリッツァー賞作家の 強力な援軍「ゾディアック」

ピュリッツァー賞作家の
強力な援軍
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督のサム・ライミ、主演のトビー・マグワイアとすでに契約を済ませ、製作準備中のプロジェクト「スパイダーマン4」に、ピュリッツァー賞受賞作家が新たに加わることになった。

同作の脚本は、「ゾディアック」の脚本家ジェームズ・バンダービルドが初稿を完成させているが、07年の舞台「Rabbit Hole」でピュリッツァー賞演劇部門を受賞している脚本家デビッド・リンゼイ=アベアーが参加することになったもの。彼はアニメ「ロボッツ」(05)や、イアン・ソフトリー監督のキッズファンタジー「Inkheart」(08)の脚本を担当。映画では、ニコール・キッドマン主演で映画化される自身の戯曲「Rabbit Hole」(オリジナル版主演はシンシア・ニクソン)を脚色。舞台では、ブロードウェイで舞台化される「シュレック」の戯曲・作詞を担当している。

同シリーズにピュリッツァー賞作家が参加するのはこれで2度目。小説「カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険」で01年の同賞を受賞しているマイケル・シェイボン(「ワンダー・ボーイズ」)を「スパイダーマン2」に起用している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi