サラ・ジェシカ・パーカー製作のHBOの新コメディ、主演女優3人が決定

2008年10月8日 12:00

今回の舞台はワシントン
今回の舞台はワシントン

[映画.com ニュース] 米HBOのヒットシリーズ「セックス・アンド・ザ・シティ」のキャリー役が当たり役となったサラ・ジェシカ・パーカーが、同局で新たに3人の女性を主人公にしたコメディの製作を手がけているが、そのパイロット版のキャスティングが発表された。

同作「The Washingtonienne(ワシントン女、の意)」は、ワシントンDCで議員事務所のアシスタントをしていたジェシカ・カトラーが、政治家たちとの奔放なセックスライフを綴って話題になった同名のブログと書籍に基づいたコメディ。

TV版ではワシントンの連邦議会議事堂周辺で働く28歳の女性3人が登場するという設定で、スピーチライターになることを夢見てニューヨークから来た主役のジャッキーを、「トランスフォーマー」「シャッター」のレイチェル・テイラーが演じる。

ほかに、ジャッキーの大学時代の友人で、上院議員補佐官の恋人と倦怠期の夫婦のような生活を送るエイプリル役にビッツィー・テュロック、小さな田舎町から首都にやってきた保守派でワーカホリックのローラ役に「ディスタービア」のアマンダ・ウォルシュが決定した。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • デッド or キル
  • シャドウ・チェイサー
  • フィアー・インク
  • デザート・ストーム
  • デッド・ハンティング
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • ザ・ブラック・ベア
  • ヒューマン・レース
  • スペイン一家監禁事件
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
OSOREZONE

Powered by 映画.com