ジョージ・ルーカス製作の戦争映画に黒人監督が抜擢、スパイク・リーも満足? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年9月26日 > ジョージ・ルーカス製作の戦争映画に黒人監督が抜擢、スパイク・リーも満足?
メニュー

ジョージ・ルーカス製作の戦争映画に黒人監督が抜擢、スパイク・リーも満足?

2008年9月26日 12:00

長年温めていた企画が始動!「父親たちの星条旗」

長年温めていた企画が始動!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョージ・ルーカスが製作する戦争アクションアドベンチャー「レッド・テイルズ(Red Tails)」の監督がどうやら決定したようだ。

同作は、第2次世界大戦中に米空軍で武勲を上げたアフリカ系アメリカ人パイロットを描く、ルーカスにとって念願の企画。監督についての正式発表はまだ行われていないが、新作映画「Miracle at St. Anna」で米映画評論家ロジャー・エバートの取材を受けたスパイク・リー監督は、「レッド・テイルズ」の監督がアンソニー・ヘミングウェイという黒人監督であると告白した。

リー監督といえば、「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」を槍玉にあげて、「黒人兵士が出ていないのはおかしい」とクリント・イーストウッド監督を批判したことで知られる。今回、黒人パイロットの物語を黒人監督が手がけると知って、大いに期待を寄せているそうだ。

ちなみに、アンソニー・ヘミングウェイはTV演出家で、「ER 緊急救命室」「クローザー」「GALACTICA/ ギャラクティカ」「CSI:ニューヨーク」などを手がけている。もし、リー監督の話が本当ならば、ヘミングウェイは「レッド・テイルズ」が映画監督デビュー作となる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報