真木よう子、ユースケ・サンタマリアら、クドカン脚本作「鈍獣」に出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月27日 > 真木よう子、ユースケ・サンタマリアら、クドカン脚本作「鈍獣」に出演
メニュー

真木よう子、ユースケ・サンタマリアら、クドカン脚本作「鈍獣」に出演

2008年8月27日 12:00

異彩を放つアクの強いキャストたち「鈍獣」

異彩を放つアクの強いキャストたち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気脚本家、宮藤官九郎岸田國士戯曲賞受賞作を映画化する「鈍獣(どんじゅう)」の、個性的な出演者たちが発表された。

人間の愚かさをユーモラスに描いた「鈍獣」は、宮藤が舞台用に執筆した戯曲で、04年に上演され、05年に演劇界の芥川賞と言われる岸田戯曲賞を受賞した作品。気鋭のCMディレクター細野ひで晃が初監督を熱望、宮藤にアプローチしたことで本作の映画化が実現し、宮藤が映画用の脚本も手がけ、主演に浅野忠信が決定していた。

今回、新たに発表されたキャストは、舞台版で西田尚美が演じた物語の鍵を握るヒロイン、静役に真木よう子ほか、北村一輝南野陽子ユースケ・サンタマリア佐津川愛美ら。真木は、「ベロニカは死ぬことにした」「ゆれる」に出演するなど、近年、成長目覚しい若手セクシー女優で、本作への出演決定にあたり、「みなさんすごく和やかにされているので、良い現場だと思います。私の役はこの世界観から離れた、ストーリーテラー的な役。つかず離れずという感じで、みなさんと楽しくやっていきたいと思っています」と抱負を語っている。

映画「鈍獣」は8月1日にクランクインし、新宿・歌舞伎町のバーなどで撮影が進められている。09年公開予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi