リドリー・スコット監督のロビン・フッド映画製作延期へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月28日 > リドリー・スコット監督のロビン・フッド映画製作延期へ
メニュー

リドリー・スコット監督のロビン・フッド映画製作延期へ

2008年7月28日 12:00

リドリー、 本当に延期なのか?「G.I.ジョー」

リドリー、
本当に延期なのか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督がラッセル・クロウ主演で撮影予定だったロビン・フッド映画「ノッティンガム(Nottingham)」だが、米ハリウッド・レポーター誌によれば、製作延期または製作中止の危機に直面しているという。

同作は、通常のロビン・フッド映画ならば悪役として描かれるノッティンガムの代官(クロウ)を獅子心王リチャード1世の右腕として好意的な視点で描くストーリーで、シャーウッドの森を舞台にメイド・マリオンとロビン・フッドの三角関係を描かれる異色作。

同作は今年8月中旬よりロンドンで撮影予定だったが、同誌によると「スタジオ(ユニバーサル)や映画作家が求める脚本が完成していなかったこと」が製作延期の理由のようだ。ちなみに、最近になってシエナ・ミラー(「G.I.ジョー」)がマリオン役として正式発表されたものの、主演の代官役のクロウと正式契約したというニュースは伝えられていなかったし、ロビン役の有力候補だったサム・ライリー(「コントロール」)も正式決定の報道はなかった。同作は本来ならば、09年11月9日に全米公開される予定だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報