ケイト・ハドソンが、ミュージカル「ナイン」に出演

2008年7月17日 12:00

母譲りだと歌は大丈夫!
母譲りだと歌は大丈夫!

[映画.com ニュース] ロブ・マーシャル監督(「シカゴ」)がトニー賞受賞のミュージカルを映画化する「ナイン」(09年公開)は、アカデミー受賞者またはアカデミー賞ノミニーが大挙出演することで話題を集めているが、先週発表されたジェニファー・ハドソン(「ドリームガールズ」)に加え、「あの頃ペニー・レインと」でアカデミー助演女優賞候補になったケイト・ハドソンが、新たに加わることになった。

ケイト・ハドソンが演じるのは、イタリア版ヴォーグ誌のファッション記者ステファニーで、そのキャラクターのために映画版オリジナルの新しい歌が加えられるという。

同作は、フェデリコ・フェリーニ監督の最高傑作との呼び声高い「8 1/2」をモチーフにしたミュージカルで、仕事上行き詰まった映画監督グイド・コンチーニ(ダニエル・デイ=ルイス)が、過去の女性たちの生活を回顧するという物語になっている。

主役のデイ=ルイスと2人のハドソンの他に、ニコール・キッドマンマリオン・コティヤールジュディ・デンチソフィア・ローレンペネロペ・クルスが出演。アカデミー受賞者またアカデミー賞ノミニーは8人を数える。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース