「ビバリーヒルズ・コップ4」は、子供たちをエキサイトさせる作品に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月6日 > 「ビバリーヒルズ・コップ4」は、子供たちをエキサイトさせる作品に
メニュー

「ビバリーヒルズ・コップ4」は、子供たちをエキサイトさせる作品に

2008年6月6日 12:00

[映画.com ニュース] 「ビバリーヒルズ・コップ4」の監督に決定したブレット・ラトナー(「ラッシュアワー」シリーズ)が、MTVの取材に対し抱負を語った。

ビバリーヒルズ・コップ」シリーズは、エディ・マーフィ演じる黒人刑事アクセル・フォーリーの活躍を描くアクションコメディで、94年の「ビバリーヒルズ・コップ3」(ジョン・ランディス監督)以降、続編が作られていない。

ラトナー監督は、「あのシリーズを再生させようと思っているんだ。僕にとってアクセル・フォーリーは、映画史上最も好きなキャラクターの1人で、カッコ良さで言えばナンバーワンだからね。大好きな『ビバリーヒルズ・コップ』シリーズを監督できるなんてとても光栄だよ」とコメント。脚本執筆はこれからになるが、ラトナー監督は子供に親しみやすい作品にしたいという。

「今の10歳~12歳の子供は『ビバリーヒルズ・コップ』を知らない。だから、子供たちのために、全く新しいストーリーを作るチャンスだと思っている。僕が子供の時に『ビバリーヒルズ・コップ』を見て感激したように、今の子供たちにも同じような体験を提供するのが僕の目標だよ」

ちなみに、84年の「ビバリーヒルズ・コップ」と87年の「ビバリーヒルズ・コップ2」は、今やメガヒットプロデューサーとなったジェリー・ブラッカイマーが、パートナーのドン・シンプソンと共同でプロデュースした作品として知られているが、第3作以降は本シリーズに関与していない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi