「トランスフォーマー2」にミーガン・フォックスら再出演!

2008年6月2日 12:00

大学生サムとの 恋の行方が気になる!
大学生サムとの 恋の行方が気になる!

[映画.com ニュース] シャイア・ラブーフ主演の「トランスフォーマー」の続編のキャストが固まった。ハリウッド・レポーター誌によると、前作でおなじみのミーガン・フォックス(ミカエラ役)、ジョシュ・デュアメル(レノックス大尉役)、タイリース・ギブソン(エップス軍曹役)、ジョン・タトゥーロ(シモンズ役)が再出演に向け、すでに契約を済ませたという。

「トランスフォーマー2」には、ラブーフ演じるサム・ウィトウィッキーが通う大学教授役として「Gガール/破壊的な彼女」「JUNO/ジュノ」のレイン・ウィルソン、サムのルームメート役として「40歳の童貞男」「スーパーバッド 童貞ウォーズ」のジョナ・ヒルが新たに加わる。

同作の脚本は、前作の脚本家チーム、アレックス・カーツマンロベルト・オーチーのストーリーを、「ザ・リング」「ブラザーズ・グリム」のアーレン・クルーガーが脚色している。現在、ロサンゼルスで撮影が始まっているが、その後6月2日にフィラデルフィアへ移動。その後海外ロケも行われる。

再出演が決まったミーガン・フォックスは、5月30日、ソニー・スタジオで収録された米MTV傘下のケーブル局Spike TVの「第2回ガイズ・チョイス・アワード授賞式」(同局で6月22日放送)にて“次なる目玉”賞を受賞した。同賞は番組の男性視聴者によって選出される賞で、フォックスは先日発表された米FHM誌選出の“世界一セクシーな美女”にふさわしく、鮮やかな黄色のドレスで登場。次の彼女の主演作「ジェニファーズ・ボディ(Jennifer's Body)」のオスカー受賞脚本家ディアブロ・コーディ(6月に「JUNO/ジュノ」のPRで来日)とポーズをとってカメラに収まるなど、セクシーさを振りまいていた。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース