リンジー・ローハン、カルト教祖チャールズ・マンソン伝記映画を辞退! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月12日 > リンジー・ローハン、カルト教祖チャールズ・マンソン伝記映画を辞退!
メニュー

リンジー・ローハン、カルト教祖チャールズ・マンソン伝記映画を辞退!

2008年5月12日 12:00

危険な題材を蹴って、 高視聴率ドラマへ!「ディパーテッド」

危険な題材を蹴って、
高視聴率ドラマへ!
Photo:Retna/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お騒がせ女優リンジー・ローハンが出演する予定だった、カルト教祖チャールズ・マンソンの伝記映画「マンソン・ガールズ(Manson's Girls)」を辞退することになった。リンジーの代理人レスリー・スローアン氏が明かしたもので、カルト集団「マンソン・ファミリー」の一員で、1969年にロマン・ポランスキー監督の妊娠8カ月だった妻シャロン・テートが斬殺された事件に関与したナンシー・ピットマンを演じる予定だった。

今回の降板に関して、一部メディアは「他の出演者がリンジーとの共演を嫌がったから」と理由を挙げているが、スローアン氏はその噂を一蹴。リンジーは「マンソン・ガールズ」に興味を示していたが、他の2つの企画とバッティングしたために出演を断念した、と説明した。

リンジーが出演する企画の一つは、ゴールデングローブ賞やエミー賞を受賞している人気TVコメディ「アグリー・ベティ」で、今月から始まるシーズン3の第6話にゲスト出演が決まっている。もう一つは、「ディパーテッド」などのマーティン・スコセッシ監督作のプロデューサー、リック・シュワルツが近く製作するコメディ「Labor Pains」で、クビを逃れるため妊婦のふりをする若い女性を演じる予定。

昨年の主演サスペンス「I Know Who Killed Me」が第28回ラジー賞で不名誉な3冠を受賞(作品は8冠受賞)。女優として低迷気味のリンジーが、女優生命を左右する“復帰作"としてチャールズ・マンソンを題材にした映画を選ぶのは、やはり危険すぎたのかも。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi