グラミー賞授賞式でフー・ファイターズと共演!希望者をYouTubeで受付 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年1月10日 > グラミー賞授賞式でフー・ファイターズと共演!希望者をYouTubeで受付
メニュー

グラミー賞授賞式でフー・ファイターズと共演!希望者をYouTubeで受付

2008年1月10日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] 4月に久々の単独来日公演が決定しているフー・ファイターズ。第50回グラミー賞では5部門にノミネートされているが、バンドはその授賞式でファンと共演のステージを披露するという。

これは“マイ・グラミー・モーメント”と題されたグラミー恒例のコンテストの一環で、コンテストの優勝者は、2月10日に開催されるグラミー賞授賞式のステージで、フー・ファイターズと共にパフォーマンスを行う。

コンテスト参加の対象は、弦楽器、木管楽器、金管楽器のそれぞれアマチュアプレイヤー。参加希望者は、課題曲「ザ・プリテンダー」(フー・ファイターズのノミネート楽曲)を60秒間ソロでパフォーマンスした映像を、YouTubeに投稿しなくてはならない。応募の締切は1月20日。応募者全員の中から、グラミー賞の審査員によって準々決勝に進出する45名が選ばれ、さらに一般投票によって20名の準決勝進出者が決定。見事優勝すると、晴れてフー・ファイターズと共演することができる。

なお、グラミー賞授賞式は米CBSにて全米生中継されるだけに、米脚本家組合(WGA)ストライキの影響が懸念される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi