ジョン・トラボルタ、「サブウェイ・パニック」リメイク版の悪役に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月30日 > ジョン・トラボルタ、「サブウェイ・パニック」リメイク版の悪役に!
メニュー

ジョン・トラボルタ、「サブウェイ・パニック」リメイク版の悪役に!

2007年10月30日 12:00

[映画.com ニュース] トニー・スコット監督が製作準備中の「サブウェイ・パニック」のリメイク版「The Taking of Pelham 123」の、主役のデンゼル・ワシントンに対抗する悪役として、「ヘアスプレー」のジョン・トラボルタが契約交渉の最終段階だという。

74年に製作された前作は、ウォルター・マッソーロバート・ショウの手に汗握る熱演が話題を呼んだジョセフ・サージェント監督のハイジャック・パニック映画の秀作。ワシントンが演じるのは、マッソーが演じたニューヨークの地下鉄の保安主任だが、対するトラボルタが演じるのは、ショウが演じた武装した4人組ハイジャック犯のリーダーとなる。

撮影は08年早々から開始されるが、トラボルタがアクション映画で悪役を演じるのは「パニッシャー」(04)以来のこと。トニー・スコット監督とワシントンが組むのは4度目だが、トラボルタが2人と組むのは初めてとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi