「ニューヨーク1997」リメイク版監督、ブレット・ラトナーに交代! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年10月9日 > 「ニューヨーク1997」リメイク版監督、ブレット・ラトナーに交代!
メニュー

「ニューヨーク1997」リメイク版監督、ブレット・ラトナーに交代!

2007年10月9日 12:00

[映画.com ニュース] ジョン・カーペンター監督の81年のカルト的SFアクション「ニューヨーク1997」のリメイク企画「Escape from New York」は、「ダイ・ハード4.0」や「アンダーワールド」シリーズのレン・ワイズマンが監督すると報道されたが、ここに来てワイズマンが降板。代わりに「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナーが監督するというビッグニュースを米サイトAin'tItCoolNewsが発表した。

これを受け、米サイトIESB.netが、製作するニューライン・シネマに情報源を通じてこの噂について確認したところ、100%真実だという返答があったという。ラトナー監督は傑作カルト作品のリメイクという重責を担うことになった。主役のスネーク役は「300/スリーハンドレッド」のジェラルド・バトラーの予定で、製作は「プリズン・ブレイク」「トリプルX」のニール・モリッツ、脚本は「ブラックホーク・ダウン」のケン・ノーランが担当すると言われている。

ワイズマン監督がニューラインと組んだもう1本の、X360の人気ゲームの映画化となるサバイバルアクション「ギアーズ・オブ・ウォー(Gears of War)」についても、米サイトCHUD.comが、彼は依然監督候補だと掲載したが、どうやらその監督の座も危ういとの噂も。予算をつり上げ過ぎたのが原因と見られる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi