ジョージ・ルーカス長年の企画である米軍飛行隊映画、いよいよ発進 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月29日 > ジョージ・ルーカス長年の企画である米軍飛行隊映画、いよいよ発進
メニュー

ジョージ・ルーカス長年の企画である米軍飛行隊映画、いよいよ発進

2007年8月29日 12:00

Xウィングの 飛行シーンを超える?「スター・ウォーズ」

Xウィングの
飛行シーンを超える?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」6部作のクリエイターであるジョージ・ルーカスは、自らが長年温めていた戦争アクションアドベンチャーの新作企画「レッド・テイルズ(Red Tails)」の脚本家として、「Uターン」(原作・脚本)、「スリー・キングス」(原案)、「アンダーカバー・ブラザー」(原案・脚本)を手掛けたジョン・リドリーを雇った、と米バラエティ紙が報じた。

同作は、第2次世界大戦中に数多くの戦果を上げたアフリカ系アメリカ人による米空軍戦闘機パイロットを描く物語。飛行訓練学校のあった地名に由来して“タスキージ・エアメン”と呼ばれた彼らの活躍を描く。

同紙によると、リドリーがスパイク・リー監督のために書いた新作ドラマ「L.A.Riots」(製作はユニバーサル&イマジン・エンタテインメント)の脚本を読んだルーカスは即座に脚本家として雇ったのだという。リドリーは今も達者な元“タスキージ・エアメン”から貴重な証言をもらっているらしい。

監督は未定だが、原作・製作総指揮はルーカスで、プロデュースはリック・マッカラムとチャールズ・フロイド・ジョンソン。映画の見どころとなる空中戦の特撮はILMが手掛けるようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi