ピーター・ジャクソン監督、「ホビットの冒険」に復帰か?

2007年8月13日 12:00

ニューラインとの 和解が第一
ニューラインとの 和解が第一

[映画.com ニュース] 「ロード・オブ・ザ・リング」ファンに朗報だ。シリーズ3部作のプリクエル(前章)となるJ・R・R・トールキン原作の「ホビットの冒険」を、ピーター・ジャクソンが監督する可能性が高くなった。

同作の映画化権は年内までニューライン・シネマが保有するが、ジャクソン監督が同社に対し、シリーズ1作目「ロード・オブ・ザ・リング」の興収を不正計上したとして訴えを起こしたことが尾を引いて、監督就任が完全に暗礁に乗り上げていた。しかし、ここに来てニューラインのロバート・シャイCEOが歩み寄りの姿勢を見せ、ロサンゼルス・タイムズ紙に次のようにコメントした。

「『ホビットの冒険』の映画化を速やかに進めるため、ニューラインはジャクソン監督との関係修復に努めてきた。我々がジャクソン側とコンタクトを取っていたのは事実だよ。個人的な争いは抜きにして、私は彼を尊敬し賞賛している。彼の創造性をぜひ『ホビットの冒険』にぶつけてほしい」

ニュージーランドの映画サイトStuff.co.nzによると、ガンダルフを演じたサー・イアン・マッケランが、同作への出演について、ジャクソン監督や3部作の製作・脚本を務めた監督の妻フラン・ウォルシュと共に意見を交わしたという。この件に関し、同監督のスポークスマンは「ピーターとフランは常に『ホビットの冒険』を製作したいと望んでいたけれど、まだどうなるかは分からない」と表明。両者の動向に今後も目が離せない。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース