新「バーバレラ」の注目の監督はロバート・ロドリゲスに! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月22日 > 新「バーバレラ」の注目の監督はロバート・ロドリゲスに!
メニュー

新「バーバレラ」の注目の監督はロバート・ロドリゲスに!

2007年5月22日 12:00

68年のジェーン・フォンダ主演のカルトSF「バーバレラ」(ロジェ・バディム監督)の再映画化版の監督として、「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス監督がサインした、とバラエティやハリウッド・レポーターなど米業界紙が一斉に報じた。

オリジナル版でもプロデュースした「ハンニバル」シリーズのディノ・デ・ラウレンティスと妻のマーサが製作する新「バーバレラ」は、ユニバーサル映画製作。08年公開される。

ロドリゲスは、海千山千の老プロデューサーから「『バーバレラ』はキミのファンタジー観、創造性、イマジネーションを全開に出来るまったく自由な世界だ」と自由に創作して構わないというお墨付きをもらったそうだ。「バーバレラ」のキャラクターを愛してやまないロドリゲス監督は、007シリーズの新作「ボンド22」(ワーキングタイトル)の脚本を完成させたばかりのニール・パービスとロバート・ウェイの脚本家チームとともに、新「バーバレラ」の脚本を練ることになる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi