ドリュー・バリモアが国連親善大使に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年5月15日 > ドリュー・バリモアが国連親善大使に!
メニュー

ドリュー・バリモアが国連親善大使に!

2007年5月15日 12:00

ドリュー・バリモアが国連親善大使に任命された。国連世界食糧計画(WFP)の飢餓対策大使(Ambassador Against Hunger)として、学校給食プログラムなどの啓蒙活動を世界的に広く行っていくという。

ドリューは数年前に、ニューヨーク・タイムズ紙で学校給食プログラムの記事を読んで以来その活動に興味を持ち、勉強を重ねてきたとのこと。先日ケニアを訪問し、WFPが支援する学校給食を視察したドリューは、「世界中の学童たちを飢えから救うことは、何よりも大切なことです。子供たちに学校で給食を食べさせることは一見とてもシンプルですが、(飢餓対策として)奇跡的な効果があることを私自身も実感しています」と語っている。

他にも、国連親善大使として活躍するハリウッドのセレブリティは、アンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットジョージ・クルーニーなどがいる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi