トム・ハンクスとスピルバーグが新たな戦争ドラマを製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年4月13日 > トム・ハンクスとスピルバーグが新たな戦争ドラマを製作
メニュー

トム・ハンクスとスピルバーグが新たな戦争ドラマを製作

2007年4月13日 12:00

「ライアン」よりすごい!

「ライアン」よりすごい!
[拡大画像]

エミー賞6部門を受賞した01年のTVシリーズ「バンド・オブ・ブラザース」をプロデュースしたトム・ハンクススティーブン・スピルバーグが、太平洋戦争をテーマにした新たなTVシリーズ「The Pacific War」を製作することが明らかになった。10話からなるミニシリーズで、今年8月からオーストラリアで撮影を開始。「バンド・オブ・ブラザース」にも参加したブルース・マッケンナが脚本を執筆するという。製作費はなんと1億5000万ドル(約180億円)で、来年放送予定。

なお、「バンド・オブ・ブラザース」は歴史家スティーブン・アンブローズの同名ノンフィクションを映像化したもので、第2次世界大戦時における米陸軍エリート部隊の苛烈な戦いを描いている。日本では02年にWOWOWで放送され、役所広司が主人公の声を務めている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi