ジョージ・ルーカス、「スター・ウォーズ」続編の可能性を完全否定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年3月9日 > ジョージ・ルーカス、「スター・ウォーズ」続編の可能性を完全否定
メニュー

ジョージ・ルーカス、「スター・ウォーズ」続編の可能性を完全否定

2007年3月9日 12:00

期待させてごめん「スター・ウォーズ」

期待させてごめん
[拡大画像]

米TV・ラジオ博物館(Museum of Television and Radio)が主催するフェスティバルで講演を行ったジョージ・ルーカスが、映画版「スター・ウォーズ」に続編がないことを改めて強調した。ファンの間では「スター・ウォーズ」旧3部作のその後を描く「エピソード7・8・9」の製作を待ち望む声が後を絶たないが、そうした期待を煽ってしまったのは、かつてルーカス自身が「役者たちが80歳になったときに、続編を作るのも悪くないね」とコメントしたことが原因だという。「そのとき自分も80歳になっているということを、当時の僕は考慮していなかった」と語るルーカスは、「今となっては現実的ではないよね」と映画版をこれ以上作る意思はないことを明らかにした。プロデュースを手がける「インディ・ジョーンズ4」(08年5月22日全米公開)をようやく軌道に乗せた今、ルーカスは第2次世界大戦中の黒人の戦闘機パイロットを描く長編映画「Red Tails」の準備を進めているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報