「M:i:III」不振はトム・クルーズの人気急落が原因 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年5月16日 > 「M:i:III」不振はトム・クルーズの人気急落が原因
メニュー

「M:i:III」不振はトム・クルーズの人気急落が原因

2006年5月16日 12:00

ピンチ「M:i:III」

ピンチ
[拡大画像]

M:i:III」の全米オープニング成績(週末3日間で4774万ドル)が、前作「M:I-2」の5784万ドルに及ばなかった理由が、トム・クルーズの人気の急落と関係があることが明らかになった。USAトゥデイ紙とギャロップ社の共同アンケートによると、アンケートを受けた大人のうち、現在トム・クルーズに好感を抱いている人はわずか35%で、逆に反感を抱いている人が51%もいることが明らかに。昨年、「宇宙戦争」の公開時には、好感を抱いている人が58%、反感を抱いている人が31%であったことから、ここ1年で急激に人気を落としたことを如実に物語っている。とくに女性人気が急激に落ちており、05年には56%の人気があったが、いまでは35%となっている。多くの人が、「M:i:III」のオープニング成績を落とすために意図的に映画をボイコットしたと語っており、アメリカ国民のあいだでの不人気は相当なものだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi