世界も注目のJアクション!「デス・トランス」須賀貴匡を直撃

2006年5月16日 12:00

須賀貴匡
須賀貴匡

全ての願いを叶えるという棺を巡って、超絶な戦いが繰り広げられる「デス・トランス」。アクション監督・下村勇二の監督デビュー作品であり、あらゆる武術を盛り込みながら、ド派手な武器や衣裳、音楽で見る者を圧倒する。この映画でストーリーを牽引する僧侶役を演じているのが須賀貴匡。「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE」での好演も記憶に新しい彼に、「デス・トランス」の魅力について語ってもらった。

「昨年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭を訪れたときに『デス・トランス』のプロモーション映像が完成していて、その独特の雰囲気や可能性にとても惹かれたんです。そこから下村監督や主演の坂口拓さんと話が盛り上がり、キャストとして参加しました。この映画は時代劇、SF、アクションの要素を持ちつつ、いずれのカテゴリーにも収まらない、全く新しいタイプの作品だと思います。非日常的な異空間に引きずりこまれる感覚! 爽快ですよ(笑)」

何といっても壮絶なアクションが本作の見どころ。Jホラーならぬ“Jアクション”として、アメリカでも注目されているようだ。「“Jアクション”という新しいジャンルを世界に提示しようという意識が、現場にも漲っていましたね。サムライがバイクで疾走したり、忍者が銃を乱射したり、ゴスっぽい衣裳やメイクなど、時代劇への既存のイメージやルールを打破するための実験的な試みがたくさん盛り込まれています。僕以外の登場人物は、みなアクションの超人なんですよ。彼らによる、ある種ファンタジーのような格闘と、そこに僕という凡人が加わったときに生まれるリアリティが、この作品の世界を形作っていると思います」

5月20日より、シネマート六本木ほか全国順次ロードショー。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 藤岡弘、の息子・藤岡真威人、仮面ライダー1号/本郷猛役に挑戦!「やらなきゃならない宿命」

    1

    藤岡弘、の息子・藤岡真威人、仮面ライダー1号/本郷猛役に挑戦!「やらなきゃならない宿命」

    2021年11月30日 04:00
  2. 「マトリックス レザレクションズ」は「続編ではない」 脚本家が「独立した作品」と明言

    2

    「マトリックス レザレクションズ」は「続編ではない」 脚本家が「独立した作品」と明言

    2021年11月30日 11:00
  3. 山田涼介が大怪獣の死体処理に奔走「大怪獣のあとしまつ」予告、ポスター、13人の豪華追加キャスト発表

    3

    山田涼介が大怪獣の死体処理に奔走「大怪獣のあとしまつ」予告、ポスター、13人の豪華追加キャスト発表

    2021年11月30日 07:00
  4. 「ピンク・フラミンゴ」50周年記念 ジョン・ウォーターズ「マルチプル・マニアックス」元旦に日本初公開

    4

    「ピンク・フラミンゴ」50周年記念 ジョン・ウォーターズ「マルチプル・マニアックス」元旦に日本初公開

    2021年11月30日 12:00
  5. Netflix版「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星が鋭い視線を向けるキーアート&場面写真披露

    5

    Netflix版「新聞記者」米倉涼子、綾野剛、横浜流星が鋭い視線を向けるキーアート&場面写真披露

    2021年11月30日 08:00

今週